ハゲ予防は食生活の改善から

By | 2016年11月11日

薄毛対策の為に食生活を改善するというのは良く言われていることです。

抜け毛の原因とされる食生活がどんなものかを知り、その進行を防いでくれる食べ物を積極的に食べることが育毛に繋がっていくということです。

ではそもそも抜け毛が進行するような食べ物とはどのようなものなのでしょうか?

偏食などといったバランスの悪い食事も抜け毛の大きな原因で、特に血流を悪くする食べ物は、毛母細胞への栄養供給を悪化させるので、抜け毛が増える原因になります。

その中でも動物性脂肪の多いものは抜け毛の原因として非常に厄介です。牛サーロインや牛・豚バラ肉などが代表的な食べ物です。

これは血液がドロドロになり、血流を悪くしてしまうので薄毛の原因なります。

ほかにもお菓子や飲み物・ジャンクフードも血液をドロドロにしてしまう原因になるので注意しましょう。

こういたものは頭皮の皮脂を過剰分泌する原因にもなり、頭皮の毛穴を詰まらせる要因にもなります。

逆に抜け毛予防になる食べ物では大豆などの「大豆イソフラボン」が効果的とされています。

ほかにもナッツ類やレバーなども効果的だとされています。薄毛対策ではできるだけバランスのいい偏りのない献立が一番大事になってきます。多汗症原因